FC2ブログ

またも一人リメイク祭り 

reterrarosa.png

本棚を漁っていた際、古の時代に購入したPC雑誌が出てきたのですが、
その本に「読者が投稿したシナリオやキャラクターで同世界観のRPGを作る」という企画がありました。
他にも有名人原作など様々な試みと可愛らしいキャラクターに惹かれた私は、
そこに応募してみよう!───と、身の程も弁えずキャラクターを描いたのですが、
応募しようとしたその月、翌月休刊のお知らせを見るハメになりました

故に表に出る事もなくなってしまったので、
そんなキャラ達もアヴェニールの世界に組み込もうかな…と思って
リデザインをしつつおえかき。

彼女の名前はテラローザ。
ちょっとワガママだけど仲間想いな18歳の魔術師です。




今回、リメイクにあたりちょっと髪色をいじりましたが、
実際は↓のように前髪だけ金髪でした。
reterrarosa2.png
スポンサーサイト

アゾン戦役~秋葉原最前線~に初参戦した話 

六月になり、曇天が続くようになりましたね。
沖縄ではもう梅雨入り宣言があったらしく、外出が億劫な時期がやってきました。
若干、気象病持ち故にしばらくはゾンビ状態となりそうです(;´Д`)


さて。
前ブログでは写真をアップしていたり、こちらのブログでもリンクを張っているので
もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
実は私、ドール及びフィギュアなどの立体モノが大好きでして(*´ω`*)
子供の頃からお人形大好きだったのがPinky:st.で再び火が付き、
今に至っては1/6ドールを買うまでに…(笑)

そんな私がドールを購入するのは主に通販。
…なんですが、人気商品や限定品はその購入が凄まじく難しく💦
酷い時は予約/販売開始とともにページを開けてもサーバーエラーが頻発し先に進めない…なんてことも。
そのため、限定品購入時はいつも緊張していたものです。

今回欲しいなと思ったアゾン・インターナショナルの
OBITSU(オビツ)展開催を記念して作られた
マシュマロうさぎさん尾櫃制服計画 上村瑛理~オビツ展開催記念モデル~
 (アゾンダイレクトストア販売ver.)
」も
Twitterやアゾン・オビツユーザー間でとても評判がよく、購入は激戦必至。
ついこの間も公式通販が予約開始一分で終了したという話も聞いていたので、


DSC_1795.jpg

ダイレクトストアがある現地へ飛びました。
※写真は去年撮影したものです。


選択肢としては今回のOBITSU展の開催地であるアゾンレーベルショップ秋葉原店の他、
昨年できたばかりの池袋店というのもあったのですが、
一年前に行っている秋葉原の方が地の理もあり、迷いにくいだろうと踏んで前者を選択。
秋葉原店は一番人が集まるお店なので在庫が足りなくなるのではという懸念はありましたが、
迷子になって必要な整理券をもらえないとなっては元も子もないですしね💦

購入のための列を作る整理券の配布は10時40分から。
その前からお店の付近で並ぶのはマナー違反のため、(購入権剥奪にもなる)
30分くらいにお店があるラジオ会館について、下のコンビニで飲み物確保してからでいいかーと
思ってましたが甘かった。

店舗が入るラジオ会館はJR秋葉原駅の電気街口から出れば目と鼻の先。

そう、JR秋葉原駅であれば。


田舎から上京する私が使う路線は同じ秋葉原駅でも東京メトロ日比谷線。
都内にお住まいの方ならお察しの通り、JR秋葉原駅からドチャクソ遠い。

一年前にもここに来たのに、この距離をすっかり失念していたため、
首都高を渡り、JR秋葉原駅を超えねばならず大幅なタイムロス…。
元々、20分程度の余裕を見積もっていたのですが、結局のところ到着は整理券配布開始ちょうど。
7階にある店舗までエスカレーターで登ったのですが、この時すでに長蛇の列。
いやー完全に出遅れました(;´Д`)

今回、列を形成するための整理券はシャッフルで配布されるのですが、
私がもらった番号は200番台半ば。
自分が並んだ段階ではかなりの後列でした。
(スタッフの方曰く、整理券の番号は歯抜けであり、私の前後も私の番号より±5だったので、
 実際の人数はもう少し少なかったと思います)

その後は番号順に並び非常階段(外)へ。
後尾に近かった私はなんと一階の建物外まで降りる事に…。
この時点で在庫に不安を抱えつつ、順番が来るまで大人しく待つ事に。


11時40分──列を形成してから一時間経過。
行くか否か迷った池袋店は販売開始30分もかからず完売したとの告知。
果たして在庫は足りるのか…並ぶ人たちに不安が広がります。

12時30分──列を(略)二時間弱。
時間が押しているのか離脱する人もちらほら。
隣のパチ屋のBGMも2ループ目に突入。
スタッフさんは非常階段を七階から一階まで往復しててかなり大変そう。

13時40分──列(略)三時間。
疲れからしゃがみ込む人、トイレが近そうな人を散見する。
私はというとすでに飲み終わったいろはすのペットボトルで遊びだす。



そして14時も30分すぎた頃──ようやく順番が回ってきた!
この時すでに蒸し暑さと長時間立ちっぱなしで疲労困憊もいいとこでしたが、
スタッフさんの「上村瑛理ちゃんは整理券所有者分の在庫はある(意訳)」という言葉に
気力を振り絞り、自分を鼓舞して一歩、また一歩と足を進めました。

ようやく息苦しい蒸し暑さから解放され、お店の中へ。
レーベルショップ公式ブログにあった通り、
三つ並んだ上村瑛理ちゃんの中から顔を選んで購入するのですが、
これって迷う人はかなり迷うんですよね…(;´Д`)
私の二人前のお姉さんはレジが空いてもなかなか前に進んでくれず、
長時間待つことになったのは、この「選ぶ」時間が積み重ったからだったんじゃないかなぁ…。
中には五分以上かけて悩んでた人もいて、
気持ちはわかるけど後ろの人の事も考えてほしかったなとゴニョゴニョ

私は前の人が悩んでる横でがっつりチェックを入れ、
自分の番がきたときにはどの子にするかがっつり決めてました(笑)
こういう時って、直感を信じた方がいいんですよね(`・ω・´)


そしてようやく───
DSC_3742.jpg

苦節四時間を超えて、上村瑛理さん購入!!(*´▽`*)
スマホカメラで失礼します。

いやー並ぶ事や待つのは慣れっこなんですが、
流石に蒸し暑い初夏の屋外、立ちっぱなしで四時間は堪えましたね💦
それでも各店の完売のツイートを見てくじけそうな心をを叱咤し、
「これで買えなきゃ買えないで話のネタにはなるな」と鼓舞し、
諦めず待ち続けて本当によかった…!!。゚(゚´Д`゚)゚。

この後、瑛理ちゃんの替えのアイを買ったり、
8階のボークスドールポイントに寄って店舗限定のドールアイを購入。
もっと時間と体力があれば秋葉原を散策し、そのまま上野まで…と思っていたのですが、
この時すでに気力だけで動いていたため、そのまま帰路へとつきました。
土曜日で混雑も激しく、ちょっと休めそうなお店も見つけられなかったですしね(´・ω・`)


帰ってきてすぐばったりいっちゃいましたが、いやーほんと無事に買えてよかったです!
正直な話、販売日前の何日かは緊張のあまり眠れなかったり頭痛がしたり、
たまに精神が闇に飲まれたりもし(笑)、
購入できるか否かはフィフィティフィフィティだったんですね。
秋葉原店を選んだのもかなり賭けでしたが、無事勝利を収める事ができました。
整理券を持っていなかった人たちも無事に上村瑛理さんを購入できたようなので、
欲しい人にはいきわたった感じかな?

たくさん在庫を確保してくれた秋葉原店さん、オビツさんに感謝!


しかし…スマホのレンズがだいぶ劣化しているのもあるのですが、
写真が残念過ぎて瑛理さんの可愛さが伝えられない…💦
今度のお休みにでも開封して、新しいカメラのテストも兼ねて撮影したいなぁ(*´ω`*)

 

rakugaki_namida.png

たとえ癒しの力があれども
零れる生命を救う事は叶わない───


うかうかしてたら桜も散り、気づけば元号も変わってました(;´Д`)
五月はちょっと体調不良な時が多く、ぐったりモードでいる事が多かったですが元気です(
多分、長年かかりきりだった看板娘の衣装デザが完成したため、
気が抜けてしまってたのかもしれませんねー。

なので今回は消費MP1くらいのゆるい落書きを…。
あ、杖歪んでる(


なまじ「傷を癒す」力を持つと、救えなかった時の悔しさもさらに強くなるんじゃないかなぁ…。

新生看板娘、初の誕生日を迎えるの巻 

190423_birthday.png

Happy birthday! Santrina!


キャラクタービジュアルが正式に公開されてから初めての看板娘おたおめ絵です!
ここに至るまでに色々見た目の遍歴がすごすぎて、歴代おたおめ絵を見返すと
まったくの別人にしか見えませんね(笑)

ほんと、このビジュアルに決まるまでだいぶかかったもんなぁ…。
そのうち、看板娘ビジュアル変化ヒストリーなんてのもやってみようかなと(誰得)



最近、白背景で光の中にいるっぽくするのにハマってるせいか、
また前の絵と似たような感じに…(;´Д`)

看板娘【サントリナ】について 

サントリナ立ち姿



 名前:サントリナ・セリシエール

 年齢:17歳

 性別:

 種族:ハーフエルフ(特性は人間より)

 先天属性:

 身長 / 体重:157cm / 51kg

 髪の色 / 目の色:桜色 / ハニーゴールド

 職業:僧侶(智慧の女神ソフィア信仰)

 身分:一般市民→聖職者

 誕生日:花(リル)の月23日(現代世界でいう所の4月23日)

 家族構成:父・母(両方没)

 趣味:読書・歌唱

 特技:本の丸暗記

 好きな事/もの:学ぶ事、友人達と過ごす時間、スリジエの花

 嫌いな事/もの:争いごと、雷など大きな音

 好きな食べ物:ケーキ類

 嫌いな食べ物:お酒、辛いもの(嫌いというより食べられない)

 出身地:聖エグランティーヌ大司教領

 一人称/二人称/三人称:わたくし(達)/あなた(がた)/あの方(がた)

 テーマカラー:ピンク


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

 慈悲深く、非常に温厚で争いを好まない心優しい性格をしており、
 献身的で誰かが幸せでいる事を自身の幸せとして還元できる性分。故に誰かの幸せそうな様子を見るのが好き。
 超のつくお人好しで困っている人を放っておけず、
 それが災いしてトラブルを呼び込んだり、情に流され判断を誤る事も少なくない。
 また、幼い頃から世俗より隔絶された世界で生きてきたため世間擦れしておらず、
 すぐに相手を信用してしまう事も。
 抑圧された生活の反動からか、おっとりした言動に反して好奇心が強く、何にでも興味を示す。
 世間の常識にもやや疎いが、それ故に人種や職業に対する先入観や偏見を持たない。

 ありとあらゆる学問を学んだため知識サレージュに次いで豊富だが、
 大半は「本で読んだ、文字だけの知識」でしかなく、実体験が伴っていない。
 本人もそれを気にしているため、好奇心の強さも手伝ってか学ぶ事にかなり貪欲。
 勉強の時に与えられた教科書から聖典、辞書や図鑑に歴史書の他、
 子供の頃に実母が読んでくれた絵本や世話役の少女が差し入れてくれた物語など
 それらを貪るように読んでいた。
 若干、活字中毒の気もあるらしく、鞄には日記用の手帖の他、常に本が一冊入っている。


細かい経歴と設定画は追記にて。

続きを読む »